アメリカでアーリーリタイア:FIREを目指したきっかけ

アメリカで最近ブームになっているFIRE…(FIREって何?という方はこちら)私たち夫婦もコロナ禍で2人だけの時間がたくさんある中、再度今後の目標について話し合いました。

当面の目標は2038年までに3億円ほど作ってラスベガスでアーリーリタイアしたい

この記事では、そもそもなぜアーリーリタイアを目指すことになったのかについて、備忘録的に綴っていきたいと思います。

コロナの影響で職を失うかもしれない恐怖

ずっと、年齢ごとの目標資産額に関しては、資産形成のために設定していたのですが、ここ数か月の間で、「定職についていなくても生活を持続できる」ようになる…というところに目標の重点を置くようになりました。

というのも、私たち夫婦は揃って自動車業界で働いているため、もしも仮に今後もコロナ禍のように、自動車生産全ストップ!というようなことになれば、時短勤務や減給、最悪の場合クビになるということもあるかと思います。

そんな中、セミリタイア/アーリーリタイアできるだけの資産を、なるべく若いうちに築いておきたい、という思いに至りました。

ただ、日々の生活もありますし、そんなアーリーリタイアできるような資産が、一朝一夕で築けるようなものではないのも承知なので、目標として2038年を目処にしています。

この数字は、今の収入をキープできたとして、試算をしてみたのですが、頑張れば実現可能!といった感じです。

もちろん、2038年までの間に、何か大事が起き、計画変更/遅延を余儀なくされるかもしれませんが。

ただ、コロナで経済が不安定な中、夫婦ともに早期リタイアできればいいな~…といった思いから、早期リタイアしよう!という固い決心に変わったのも事実です。

生活を脅かされる恐怖から解放されたいという願いで、アーリーリタイアを目指すようになりました。

単純にストレスフルな環境で働きたくない

次にもう一つの理由ですが、単純に仕事のストレスに支配されているような生活から早く抜け出したい!という思いです。

これは、どんな仕事にもストレスがつきものなのはわかっていますが、とてもヘビーな仕事のストレスから抜け出す方法はないのか?と考えたときに、やはりある程度まとまった資産をもって、あまり責任が重くない仕事に移ったりするのが一番かと結論付けました。

また、仕事のストレスの中に含まれる「失敗してクビになったらどうしよう…」という思いも、アーリーリタイアを目指す過程で資産が積みあがっていくにつれ、薄れていくのではないかと期待しています。

私たち夫婦は仕事が嫌いなわけではないですが、それでも少しでも早くこのストレスから解放されたいと思います。

そのため、計画的に資産形成をして、アーリーリタイアを目指すに至りました。

好きなところに住んで、好きなことをして暮らしたい

最後に、やはり仕事とか関係なく、住むところを好き勝手に選びたいし、そこで好きなことをして暮らしたい!という思いからです。

この記事→「2038年までに3億円ほど作ってラスベガスでアーリーリタイアしたい」でも書きましたが、ミシガン州民としては雪かき不要で、融雪剤などで車も傷まない暖かいところに住んでいる人が羨ましいですし、娯楽の多い都市部に住んでいる人が正直羨ましいです。

ただ、仕事のことを考えると、ミシガンも決して悪くありません。

もらっているお給料と、生活コストのバランスも悪くないです。

なので、仕事のあるうちはミシガンでもいいかなと思っているのですが、どこに住みたい?と聞かれたら、きっと違う州を挙げるでしょう。

ということで、余生は好きなところに住みたいというのが夫婦そろっての希望ですが、あまりに歳を重ねてから新天地に移るというのも、なかなか勇気がいることです。

でも、アーリーリタイアして、それこそ50歳そこそこで、次の定住地を見つけようと思ったら、そこまでハードルも高くないのでは?と勝手に思っています。

色々と考えると、とりあえず現実的な数字として目標に設定している2038年ですら、もう少し早くに実現させたいね…というところなのですが、アーリーリタイアまでの年月をどれくらい短縮できるのかは今後10年~15年くらいの私たちの頑張りに賭けるしかありません。

以上、このような理由でアーリーリタイアを目指すに至ったのですが、ブログという便利な媒体を通じて、今後もアーリーリタイアまでの記録を残せていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください