アメリカで梅酒を作る:青梅を買ってきた!

先日、近くの韓国系スーパーに行ったら、青梅が売っていたので、さっそく買って帰って梅酒を作ることにしました。

アメリカで梅酒を作るのは初めてだったのですが、韓国系スーパーで青梅が手に入るのはうれしいですね。

小ぶりだけど確かに青梅

買ってきた梅はこれ▼▼

1ポンド6.99ドル…これが日本と比べて安いのか高いのかはよくわかりませんが…。

氷砂糖もHマートで買えました。

量はあまりないけど、残っていたカシャーサを使いたかったので(残り750mlくらいだったかな)梅もこれくらいで大丈夫かと。

使ったリカー

夫婦ともブラジルのサトウキビのお酒「カシャーサ」が好きなので、カシャーサを使ってカイピリーニャなどのカクテルを作ったりしていたのですが、ブラジルで買ってきたカシャーサゴールドがなくなりそうになった時に、ここ近辺では同じカシャーサゴールドが見つからなかったので、カシャーサシルバーを買ってみた時がありました。

ただ、風味も全然違って…あまりよく寝かされていないのか、カクテルもあまりおいしくできず…。

そんな中、先日行った酒屋さんでたまたまカシャーサゴールドを見つけたので、追加で購入▼▼(左2本がゴールド…右がシルバー)

とすると、ますますシルバーの出番がなくなってしまったので、余っている分もったいないし、今回はこれで梅酒を作ってみることにしました。

なんでもいいのですよね…?梅酒のレシピを参考にしたウェブサイトには、アルコール度数20%以下になると腐敗が心配と書いてありましたが、カシャーサはもともと40%くらいなので、その条件は十分クリアかと。

手作り梅酒、出来上がりは半年後~?

半年から1年くらい寝かせるのがいいと書いてあったのですが、それまで待てるのかな…今からめちゃくちゃ楽しみです。

ちなみに、すぐ梅酒が飲みたかったので、こっちも買って気ました▼▼

CHOYA梅酒…トロイのHマートで見つけたのですが、20ドル弱ぐらいだったかな。

コロナの影響で、ずっと家にいる生活が続いていますが、家の中でもいろいろと楽しく生活できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください