アメリカ版マネーフォワード:米生活家計簿アプリは”Personal Capital”に決まり!

以前の投稿で、アメリカで生活していくうえで便利な家計簿アプリ2つを紹介しましたが、その後アメリカ生活も数年が過ぎ、やっぱりPersonal Capital便利だなと思ったので、記事にしようと思います。

ここでは私が一番よく使う機能などについて書いていきます。

Net worth(資産状況)が簡単に確認出来る

Personal Capitalを使えば今現在の我が家の全体資産がダッシュボードで簡単に確認できます。

クレジットカードの残高はもちろん、ローンがある場合の残高も全体の試算としてカウントされますし、(マイナスはマイナスとしてちゃんと反映されている)証券口座を持っていても、もちろん日々の変動は反映されていくので、今日この日の全資産がいくらなのか、一目瞭然です。

全資産の確認というのは資産形成していくうえでもとても大切なので、個人的には、仕事が忙しいときも少なくとも週1回はダッシュボードだけでも確認するようにしています。

収支が一目瞭然

日々のお金の管理で一番大切なことの一つは、やはり収支管理なのではないでしょうか?

どこで何にいくらくらい使っているのかなど、カード社会のアメリカでは比較的管理しやすいかもしれませんが、家族が別々のカードで色々と買い物をしていたり、複数のカードを用途によって使い分けていたりすると、収支管理の難易度はぐっと上がります。

私は日々の収支管理もPersonal Capitalにお任せなのですが、Personal Capitalでは、パソコンからだけでなく、アプリでも簡単にどこで何にいくら使っているのか、また、項目ごとの月間/年間支出なども一目でわかるようになっています。

夫婦で簡単に資産状況を共有できる

うちの夫は、どちらかというと、資産管理に無頓着な方なので、私に一任されているのですが、それでも夫自身、大きい買い物をしたいときなど、その月の収支状況や、全体資産の推移など気になるときがあるのかと思います。

我が家ではPersonal CapitalのIDとパスを夫婦で共有しているので、そんな時でも夫は私にいちいち聞かなくても、我が家の資産全体図が手元でいつでも確認できるようになっています。

我が家の収支や資産状況が透明化されていることで、旅行の話し合い(特に予算!)や将来設計の話をするときに、とてもスムーズです。

アドバイザリーサービスを利用しない限り完全無料で使える

日本でも色々と無料の家計簿サービスがありますが、ここまで機能が充実していて、無料で使えて、かつ広告もなく見やすい家計簿アプリは日本には存在していないと思います。

アドバイザリーサービスも、押しつけがましくなく、たまに「無料キャンペーンやっています、1度コンサル受けてみませんか?」と勧誘電話が来ていましたが、受ける気が無いので勧誘の電話いらないと伝えた後は、アドバイザーが変わったなどの理由の時以外は電話がかかってこなくなりました。

こういう対応もすごく好感を持てます。

新規会員向けにはたまにアドバイザリーサービス6か月無料などのキャンペーンもやっているようですので、興味がある方は是非▲▲

興味があるけど我が家の家計管理アプリとして合っているか、まだわからないなぁ…なんていう方も、ほとんどのサービスは完全に無料で利用できるので、一度使ってみるのもおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください