米国株投資:2020年の投資目標額と方針…基本は配当重視のバイ&ホールド

米国株をメインにした投資を始めたのが2017年、本格的に目標を据えて資産形成を考え始めたのが2018年なので、もう丸2年はどっぷり米国株投資しているのかと思うと、よく続いているなと。

でも、それだけ米国は市場として魅力的で、いろいろな投資の本を読めば読むほど、このまま信じて突き進もうと思えます。

2020年は転職もして、我が家の重要イベントも満載な年ですが、基本的な投資方針は今までと変わらずバイ&ホールドの長期戦です。

2020年投資目標とポートフォリオについて

今年も共働きは継続なので、1人分のお給料から生活費を出し、余った分ともう1人分のお給料は全額投資資金に回します。

2020年目標とする投資金額

世帯の手取り年収は140万ドルほどになると予想しており、401kは別途限度額まで積み立て継続です。(それぞれ19,500ドル+企業のマッチ分)

生活費は70,000ドルほどかかる予定なので、残りの70,000ドルくらいは証券口座へ入金したいです。

また、今年の配当収入は4,000ドルほど…これもすべてアーリーリタイア達成までの期間は再投資します。

それを加味すると、課税/非課税口座(企業マッチ分含む)合計で、月間1万ドル程度の入金は確保できそうです。

アセットアロケーションは?

今年は課税/非課税口座合わせて、残高が30万ドルを突破するよていなので、分散投資にもう少し意識を向けようと思います。

現在のアセットアロケーションはこんな感じ▲▲

分散投資にもう少し目を向けるとは、具体的には不動産(Alternatives)の割合がとても低いので、もう少し引き上げたいです。

ただ、私たちはハードアセットを管理できる自信がないので、REITを使うことを考えています。

現状のアセットアロケーションから、米国株と米国以外の海外株の比率をそれぞれもう少し引き下げ、最終的にREIT10%くらいを組み込んだポートフォリオにできたらと思っています。

投資方針:バイ&ホールドで一生売らないつもり

前述ですが、今まで同様、バイ&ホールドで一生売らないつもりで買い進めます。

一生売らないというのは大げさかもしれませんが、基本的には手間のかからない投資が好きなので、ずっと持っていられる銘柄や、これからも伸びそうな産業(最低でも現状維持)に積極的に投資していきたいと思います。

売らないつもりだからこそ、配当金にもこだわる

株式って売らない限り、利益にはならないので、超長期投資を考えると配当金は重要になってきます。

いくら評価額が上がったとしても、売らなければ利益として計上できず、現金も手元に入ってきません。

時価総額でみる資産の合計金額もアーリーリタイアを考えたときに大変重要な指標ですが、配当金で生活費を賄うことも、アーリーリタイア時には達成していたい一つの目標なので、キャッシュフローのことももちろん考えます。

とすると、やはり配当金の存在はとても重要になってくるのです。

ということで、銘柄選定の際、配当金(キャッシュフロー)も念頭に置こうとおもうと、やはりREITとの組み合わせを考えながらポートフォリオ構築していくのは得策じゃないかと思っています。

(まだまだREITについては勉強不足なので、これからの勉強次第ではREITに対する意識は変わるかもしれませんが…。)

このように、投資方針としては何ら目新しさはないですが、年も淡々と積み重ねて、一歩一歩アーリーリタイアに近づいていけたらと思います。

近況はここで報告予定です
アメリカでFIREを目指す共働き夫婦の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください