シカゴ市内からオヘア空港アクセス!電車(CTA)が安くて簡単で便利

シカゴ市内からオヘア空港までは、色々な交通機関で行くことができますが、おそらく1番簡単で安い方法がCTAを使っての移動です。

シカゴに乗り入れるの全列車が発着するユニオンステーション(Union Station)から、オヘア空港までの行き方を、備忘録も兼ねて綴ります。

シカゴユニオンステーションからCTAの駅へ

シカゴユニオンステーションはアムトラックの鉄道の駅…ということで、まずは別会社が運営するCTA(地下鉄)の駅まで移動しなければいけません。

移動といっても、ユニオンステーションから私がいつも使っているCTAブルーラインの最寄り駅(クリントン駅)までは300メートルほどなので、とても簡単です。

ただ、グーグルマップなどで確認すると、地図上には2つクリントン駅とあるので、要注意…。

ブルーラインが乗り入れているのはコッチ▲▲(もう1つのクリントン駅はピンクとグリーンラインの駅です。)

今回は、スタート地点がユニオンステーションということで、最寄り駅がクリントン駅ですが、滞在中のホテルから出発する際などは、最寄りのブルーラインの駅をホテルのフロントで聞いておくと良いかと思います。

一応、ユニオンステーションからクリントン駅までの道順は載せておきますが、必要のない方は、オヘア空港駅から国際線ターミナル⑤への行き方まで飛ばしてください。

ユニオンステーション⇒クリントン駅までの道順

ユニオンステーションには、大きなホールのようになっている「Great Hall」というところがあるのですが、今回はそこからブルーラインの最寄り駅(クリントン駅)までの行き方です。

足元のこの目印をたどっていきます▲▲

グレートホール▲▲にたどり着いたら、両サイドからクリントンストリートに出られるように通路が伸びているので、その先から外に出ます。

クリントンストリートへ続く通路…▲▲出口はこの先▲▲

他にも”カナルストリート”と書いてある出口もあるかと思うので、気をつけてください。

外に出るとユニオンステーションを背にして左側に高速道路が見えるかと思いますが、その高架下にクリントン駅への入り口があります。

こんな感じの道…▲▲途中右手にポットベリーやスタバなどがあります。

ここから駅の中へ▲▲

クリントン駅内部…プラットホームまで

クリントン駅(ブルーライン)の入り口にさえたどり着けば、あとは迷うことはないはず。(CTA切符の買い方はこちら

こっちのクリントン駅はブルーライン一本なので、ゲート内に入り、エスカレーターで下に降りていくとプラットホームに到着…

こんな感じです▲▲

そして、柱にオヘア空港の表示がある側▲▲に来た地下鉄に乗れば、その路線の終着地がオヘアです。

ちなみに終電はありません。(が、夜遅く~明け方の利用は治安上あまりおススメはできません。私も昼間は何度も利用していますが、さすがに暗くなってからの時間帯は、別の方法で空港まで行くことが多いです。)

オヘア空港駅から国際線ターミナル⑤への行き方

このブルーライン、オヘア空港ではターミナル②に直結していますが、国際線はターミナル⑤から発着することもあるかと思います。

ターミナル⑤へいく際は、オヘア空港駅到着後、更にATSに乗り換えなければならないのでその道順も記しておきます。

ここはブルーラインを降りたところ▲▲

降りたら、ターミナルへ皆向かうので、人混みにとりあえずついていけば大丈夫です。

みんな地下鉄の出口へ向かっています▲▲

地下鉄の出口を出ると、大きく表示があるので、ターミナル⑤の矢印に沿って進みます。

途中までは第2ターミナルへの道順と同じです▲▲

ここは第2ターミナルのフロアですが、ここに出るときに、第5ターミナルへの道標が途絶えたようにも見えます…が、またすぐ出てきますので大丈夫▲▲

ATS(空港内モノレール)に乗り換えて、他のターミナルへ行きます。

ATS乗り場の目印▲▲

あとは道なり!

ここがATSのホームです▲▲

ちなみにこれ…ループになっていないので、違う方向に乗ってしまったら、反対方向の列車に乗り換えないといけません…。

コッチが第5ターミナルのATSホーム…▲▲黄色い柱の色が目印です。

シカゴ市内からオヘア空港までの…所要時間と料金

所要時間は全部で1時間15分前後だったかと思います。

重い荷物の有無や歩く速さなどでも少し所要時間は変わるかと思いますが、CTA自体の所要時間は45分ほどです。

ただ、多くの日本人の方が利用するであろう、オヘア空港の国際線ターミナル(ターミナル5)まで行くには、オヘア空港駅でCTAを降りてから更にATS Airport Transit System)に乗り換えないといけないので、少し余分に時間がかかるかもしれませんが…といっても1時間半まではかかりません。

またCTAもATSも…どちらも電車なので、渋滞など不確定要素は少なく、到着時間もある程度正確に読めるので、予定が立てやすいかと思います。

ちなみに…料金は私が利用した時点で、片道3ドルでした。

VENTRAカードというシカゴの交通カードを使えば、もう少しお得にシカゴ市内の交通機関を利用することができますが、そちらは別記事に詳細を載せたいと思います。

シカゴオヘア空港までのの行き方はいくつかありますが、CTAは安くて簡単で魅力的な交通手段かと思います。

また都会ですので渋滞も多いため、電車や地下鉄だと時間が読めるのも嬉しいです。

ですが、大荷物があったりする場合の移動などはかなり大変なので、ホテルでシャトルを手配してもらったり、他の交通機関もご検討されることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください