ミシガン北部/UP観光:キャッスルロックからヒューロン湖を一望

ミシガンUP(アッパーペニンシュラ)で、たまたまアメリカのおとぎ話に出てくる巨人「ポール・バニヤン」ゆかり(?)の地を見つけたので、行ってみることにしました。

おとぎ話に出てくる巨人なので、実際に”ゆかり”があるかどうかは謎ですが…

ちなみにポール・バニヤンとは、身長が8メートルくらいある木こりで、アメリカの伝説というか昔話の中では、ミシガン湖やヒューロン湖などの五大湖を作った人(巨人)とされています。

路上から偶然見つけた岩▼▼「Castle Rock」

20170902_203916303_iOS

マッキノー大橋を渡り、しばらくしたところで突然現れた岩▲▲

車窓から目に入り、ちょっと気になったので、行ってみることにしました。

20170902_203940497_iOS

Castle Rockは入場料1ドルの展望台だった

なんだかよくわからず到着しましたが、どうやら展望台のよう…

お天気はイマイチでしたが、とりあえず行ってみることにしました。

DSCF5199

駐車場横にはポール・バニヤンと、相棒の青い牛「ベイブ」が…▲▲

岩の上にはここから▼▼

DSCF5200

Castle Rock Curios▲▲とアメリカンなネオンが掲げられている建物が、岩へのぼる階段への入口です。

DSCF5201

入場料=1ドル…ポールバニヤンの足跡をたどって、岩の上まで行こう!とあります▲▲

DSCF5202

ポールの足跡▲▲

DSCF5203

ポール像の前を通り、横の階段を上がっていきます。

DSCF5204

階段は意外と狭い…▲▲

途中大柄のアメリカ人の方々と通りすがるのに、結構苦労しました。

このくらいの長さの階段▲▲を4セットくらい登っていくと、頂上に着く感じですので、上に行くのはそこまで大変ではないです。

DSCF5207

階段をのぼりきると、岩の上までに行ける橋がありました▲▲

意外と簡単なつくりなので、高所恐怖症の方にはきついかもしれません。

岩の上からの景色は…

20170902_204909943_iOS

さっき通ってきたCastle Rock Curiosの建物が眼下に見えます▲▲

20170902_204925275_iOS

ヒューロン湖側の景色…と、水平線…▲▲

20170902_204919064_iOS

そして、森…▲▲

20170902_205037155_iOS

反対側を見下ろすと、崖になっていて、こっち側にも森…

20170902_204929932_iOS

そして、どこまでも続く森森森…地平線まで続きます。

アメリカ広い広いといいますが、やっぱりこんな”Empty Land(何もない土地)”を見るたびに、「あぁ…やっぱり広い」と、再確認させられます。

岩の上はたいして広くなく、滞在時間は10分ちょっとでしたが、岩の上からの景色も開放的できれいだったし、ドライブで座りっぱなしの、なまった身体をストレッチしつつ階段をのぼって…と、良い息抜きになりました。

ポール・バニヤンのキャッスルロックの場所はコチラ▼▼

場所:Castle Rock, St. Ignace Township, MI

最後に、キャッスルロックに登った!というステッカーをもらうのを忘れずに▼▼

20170902_205527676_iOS

1ドル払ったところと同じカウンターに行って「登ってきた!」といえばもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください