U-HAUL…アメリカで引越し!トラックレンタル料金など

先日、大きな荷物を運ぶ必要があったので、ピックアップトラックを借りに行ったときのことです。

U-Haulはたぶん一番有名なトラックレンタルサービスの会社…アメリカ全土に支店を持っているので、きっとお住まいの地域にもあるはず。

そして走っているのも見たことあるはず。

私たちは結局、Home Depotで小さなピックアップトラックを借りることになりましたが、今後大きいモノの長距離移動しないといけない時のために、U-Haulの料金形態など、比較用/備忘録的に綴ります。

U-Haulは24時間フラットレート+走行マイル数+ガソリンのチャージ!

結論から言うと、短時間/短距離利用の場合、U-Haulはとても高くつきそうなので、あまりおススメではなさそうです。

ピックアップトラックで事足りるなら、断然Home Depotなど、時間ごとのフラットレートのみのところのがお得。

ただ、それでも事足りず、本格的なトラックが必要…しかも結構な距離の移動をしないといけない…なんて場合には、移動先でもドロップオフできるU-Haulがらくちんでおススメかと思います。

今回実際にU-Haulの支店に行って見積もりしてもらったのは、17フィートのトラック…結構大きめのトラックです。

最初はかなりの量の荷物を運ぶ予定だったので、このサイズのトラックの見積もりをいただきましたが、参考までに…トラックサイズの目安はこちら▼▼(クリックで拡大!)

17フィートトラックのレンタル料は24時間フラットレートで、24時間以内なら30ドルぐらい。

もちろん、もう少し小さいトラックを借りた場合はもう少し安いです。

また、1マイルごとにチャージがかかって、それが75セント。

ガソリンはこれまた別料金で、自分で借りた時と同じ状態にして返すか(満タンで借りたら満タンで返却)、そのまま返す事もできるけど、その場合は1ガロンにつき5ドルかかります。(2018年夏…ミシガンの場合)

走行マイル数ごとに料金がかかるので(もちろんガソリンも…)、小さいトラックのが安いからと言って、フラットレートの値段で選ぶよりも、用途に合わせて、ちゃんと大きさを選んだ方が結果的に安く上げることができるかと思います。

U-Haulには引越しグッズがいっぱい!

ところで、U-Haulには引越しグッズがたくさん!セルフ引越し用のトラックレンタルの会社なので、当然といえば当然ですが、なかなかに使えそうなものがたくさんだったので、写真を載せます。

引越し用(主に梱包)こまごまといろいろ▲▲

箱も、いろいろなサイズで、しかも丈夫そうなものが揃っています▲▲そして、Moving Kitなるものも…▲▲

いろいろ個々に揃えるのが面倒くさい場合は、こんなキットをばっと買っちゃうのもいいかも。

スーツやコートなど、ハンガーそのまま入る引越し用の箱も▲▲

日本の引越し屋さんは本当に至れり尽くせりで、何も準備しなくてもいいのですが、こっちではセルフで梱包するのが懸命だと学びました。(梱包やってくれるプランがあっても、雑な扱いをされたことがあるので…)

あと、これ▼▼

引越し用のブランケット(Moving Blanket)▲▲

荷物を包んで(角などをガード)、壁にこすっても、傷がつかないようにする使い方はもちろん、こっちの人は、土足で上がるので、荷物を運び入れるときなど、床にしいておくと、汚れなくて済みます。

また、小石などがついた靴で歩くと、フローリングが傷つくので、それも回避!

私たちは、冷蔵庫の運び入れのときに、業者さんが靴を履いたまま入ってくることは予想できたので、玄関からキッチンまで敷き詰めました▲▲

日本でも売っていてびっくり…▲▲(高いけど)

トラックレンタルのまとめ

今回、トラックレンタルならU-Haul!というマーケティング戦略に、危うくハマるところでした。

U-Haulのトラックを目にしすぎて、ほかのオプションを考慮するのを忘れそうになるくらい、トラックレンタルといえばU-Haulと刷り込まれていました。

が、最近Home Depotに週3~4回通っているので、U-Haulで借りる前に、たまたまHome Depotで目にしたピックアップトラックレンタルの看板を思い出せてよかったです。

U-Haulのいいところは、支店がたくさんあるので、ドロップオフできるプランもあるということ。

州をまたいでの移動だと、Home Depotなどの市内移動用を主目的としたレンタルでは事足りないので、U-HaulやPenskeなどのトラックレンタルがおススメです。

が、市内での移動で短時間で済みそうな場合などは、走行距離で請求されるU-Haulよりも、時間(最初の1時間半フラットレートなど)でチャージされるピックアップトラックレンタルの方が、いいかもです。

ちなみに今回の移動は、市内での移動だったのと、ピックアップトラックで事足りそうだったので、Home Depotで借りたのですが、2時間ほど借りて合計36ドルほど…U-Haulで17フィートトラック借りようと思ったときの24時間フラットレート分だけの出費で済みました。(50ドルデポジットを渡していたので、返却の時に差額の14ドル弱が返金となったため、レシートには-13.96ドルと大きく印字してあります)

時と場合によって、使い分けは必要ですが、周りの人に聞いても、結構州外への移動もU-Haulなどをレンタルして自分で引っ越ししている人も多いようでした。

日本だと、トラックレンタルは免許の関係もあって、なかなかできない場合も多いかと思いますが、アメリカでは普通免許さえ持っていればU-Haulなどで貸し出している小さなトラックも運転できるので、自分で引っ越し…という選択肢もありなのかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください