デトロイト~カナダ(ウィンザー)間のトンネル:通行料や注意点など

デトロイトからカナダ側の国境の町、ウィンザーまで車で行ってきました。

アメリカ~カナダ間、本当に簡単に行き来できて、仕事で毎日越境している方も多数いるみたいです。

道中、写真を撮ってきたので、載せます。

デトロイト~ウィンザーを結ぶ川底のトンネル

デトロイト側から見えるウィンザー…▲▲といっても、車窓から横着に写真を撮ったので、よくわかりませんね。

デトロイトとウィンザーの間には川が流れていて、それぞれアメリカとカナダを対岸に臨みます。

デトロイトからウィンザーへ

GM本社前に差し掛かるところの交差点…▼▼

カナダの国旗が目印になっているところを曲がり、川底トンネルの入り口へと行きます。

基本的には一本道なので、迷うことはないかと思いますが、トラック専用レーンなどがあるので、そこは注意していました。

少し進むと見えてくる料金所で、通行料を払います。

料金は米ドルでもカナダドルでも支払いは可能とのこと。(クレジットカードも可…VISA/MasterCard)

ちなみに料金は5USドル。(2018年2月)

これ、ちょっと前に通った方のブログなどを読むと、4ドルだった時もあるようなので、少しずつ値上がりしているのかもしれません。

料金所を通過すると、すぐにトンネルへ。

そして対向車線には、アメリカ入国審査を待つ車の列ができていました。

仕事のために毎日アメリカ/カナダを行き来している方は、入国審査でトンネル内の渋滞もあるし、本当に大変そうですね…。

ウィンザーでカナダ入国!

カナダ側の入国審査場▼▼

OPENと表示のあるところへ…(フランス語もできるバイリンガルゲートもありました)

一応入国審査なので、空港と同じく、前の人が終わるまで、STOPサインのところで待っていないといけません。(私たちはSTOPサインに気付かず、審査中の前の車との距離を詰めすぎてしまって、下がって~~!!と注意されてしまいました。)

そして、いよいよ私たちの番に…入国審査では定番ですが

  • カナダに何しに来たの?
  • どれくらい滞在する?
  • アメリカに帰る?それならビザとかあるの?

などなど…想定内の質問でした。

入国審査を無事通過!カナダへ▲▲

ウィンザーからデトロイトへ

さて、ウィンザーのカフェに立ち寄ってお茶したあとは、サクッとアメリカに帰ります。

カナダ側ウィンザーの町の通りから正面に見えるのはデトロイト…▲▲

こうしてみると、本当に近いですね。

カナダではナビが使えなかったので、なんとな~く川の近くまで来たら、道のわきにある看板を頼りにトンネルの入り口まで行くことに▲▲(写真中央に「Tunnel to U.S.A.」と…)

この写真の中央右寄りにある電柱に掲げてあるのが、トンネルへの看板なのですが、少し小さすぎじゃないでしょうか…▲▲あやうく見落とすところでした。

ようやく、アメリカの国旗付きで案内が出るように…▲▲これはもうトンネルの入り口付近でした。

あとは道なり。

そして帰りも料金所で通行料を払います。

不思議なことに、カナダ側から設定されている料金は、4.5USドル

アメリカ側からの通行料よりも、50セント安かったです。

カナダ側から行くときも、料金所を通過後すぐにトンネル内へ…

頑張ってアメリカとカナダの国境地点に掲げてある星条旗とカナダ国旗を写真に収めようとしたのですが、暗くて難しかったです▲▲ボケボケ…

アメリカ入国!

GM本社ビルを目の前にして、アメリカの入国審査に挑みます。

グリーンカード取得後、日が浅く、グリーンカードを持って国外に出るのが初めてだったので、アメリカの入国審査…無駄に緊張しましたが、とてもあっさり終わりました。

こちらもありきたりで

  • どこ行ってきたの?
  • どこに住んでいるの?

などなど。

挙句、パスポートとグリーンカードを一緒に提出したのですが、「グリーンカードだけでいいんだよ~」とお茶目に笑われてしまいました。

ということで、アメリカ~カナダ間の数時間に及ぶ遠足は無事終了。

家路につきました。

デトロイトからウィンザーへ…気を付けること

これと言って目新しい注意点はありませんでしたが、ごくごく普通の海外旅行で気を付けること(パスポートもっていかなきゃ!とか…)以外、私たちが今後気を付けようと思ったのは、次の2点。

  1. スマホのデータ通信どうしようか
  2. Chase銀行の過剰反応どうしようか

1のスマホのデータ通信について、ウィンザーでもアメリカの電波を拾ってくれる地域もありました。(川沿い)

ですが、やっぱりデータ通信はかなり遅かったし、少しエリア外に出ると、すぐにローミング対象です。

カナダに来たので当然といえば当然なのですが、車移動で越境したので、あまり深く考えずに来てしまい、後悔しました。

今後は、グーグルマップなど、必要なアプリはオフラインでも使えるように、地図データをあらかじめダウンロードしてこようと思います。

ちなみに、ローミング…Verizonの場合だと、1日使い放題で5ドルと、かなり良心的なので、ウィンザーに少し滞在する予定があるなら、素直に払ってもよかったのですが、今回は本当に滞在時間短かったので、ローミングなしでしのぎました。

そして、2のChase銀行の過剰反応についてですが、アメリカで発行したクレジットカード(Chaseのカード)をウィンザーで1回使ったら、即使用制限がかかり、一時的に使えなくなっていました。

これも、事前に連絡したりすればよかったのかもしれませんが、短い滞在で特に困らなかったので、放置。

次回、もう少しカナダに長く滞在するときは、何かしら事前に対応することにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください