ウィンザー(カナダ):アンティーク食器で頂く英国式紅茶カフェ

デトロイトから見える対岸の街、ウィンザー…。

カナダ領ですが、デトロイトの中心部から車で(混んでいなければ!)越境を入れても15分ほどのところにあるカフェに行ってきました。

デトロイト~ウィンザー間の川底トンネルを通った時の記録はコチラ▼▼

デトロイト~カナダ(ウィンザー)間のトンネル:通行料や注意点など

お目当ては、「Teacups & Crowns」というお店のイギリス製のアンティークティーカップで頂く”イギリス式アフタヌーンティー“。

デトロイト周辺にもイギリス式のアフタヌーンティーが楽しめるカフェは何軒かありますが、アメリカよりもガッツリイギリスの影響を受けている(というか半分イギリス!)なカナダで、アフタヌーンティーをしてきました。

ウィンザーにあるカフェ&ブティック「Teacups & Crowns」

このお店、ウィンザーの街の中心部からは車で5分ほどでしょうか。

黒に金でクラウン(王冠)のマークが目印です▲▲

ウィンザーは、全体的にあまりお洒落な感じはしない街並みですが、ここはなんだかちょっとだけ…うっすらとお洒落感漂っていました。

入口にもTeacups & Crowns(ティーカップと王冠が…)▲▲早速店内へ。

店内はそこまで広くなくて、テーブル席が2つ、ソファ席が奥に1つ…カウンター席を入れても、そこまで人数入りそうにありません。

お持ち帰りの場合は関係ないですが、ここでお茶していく場合は、テーブルを確保してから注文します。

注文:ティーカップと紅茶の種類を選ぶ

注文の前に、食器選び。

店内の戸棚に並ぶアンティークティーカップ▲▲ここから一つ持ってカウンターへ。

カウンターにティーカップをのせると、早速温めてくれるのですが、次は紅茶選び。

ココ▲▲から、紅茶を選んで伝えると、ティーポットに入れて、さっき選んだアンティークティーカップと一緒にもってきてくれます。

今回頼んだメニュー

紅茶はルイボスティーベースのフレーバーティーにしました。

ティーカップステキ…

Made in England…私こういったのは全然詳しくないのですが、どうやらHammersley & Co.というところが作ったモノ…

選んだティーカップとセットの食器にのって、頼んだスイーツも出てきました。

2種類頼んでみたスイーツは、定番のスコーン▼▼と、

ソルトキャラメルカップケーキ▼▼

カップケーキには金粉も添えられてあった、可愛かったです。

味は…スコーンは美味しかったけど、カップケーキは私には少し甘すぎました。

お店の奥はブティックに…

一通りお茶してのんびりした後は、お店の奥のブティックに。

ティーポットなどのお茶用品はもちろん、アクセサリーやバッグ、衣類なども置いてあるようでした。

木箱のかわいい紅茶やティーカップ&ソーサーも…▲▲

Teacups & Crownsの場所

住所:591 Erie St E, Windsor, ON N9A 3X8, Canada

日曜日と月曜日はお休みのようです。

お気を付けください

デトロイトの中心部からもトンネルを使って15分ほど…アメリカの車の免許があれば、カナダでも運転できます。

ウィンザーの街はそこまでお洒落ではないですが、ココの空間は好きなので、また機会があったら立ち寄ろうと思えるようなカフェでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください