シカゴの行列店!パンケーキハウス「Wildberry Pancakes and Cafe」

シカゴはブランチハウス激戦区として知られており、有名店がひしめき合っているのですが、そんな中でも、たぶん1番の行列店であろう…「Wildberry Pancakes and Cafe」に行ってきました。

行列のできるパンケーキハウス「Wildberry Pancakes and Cafe」

このパンケーキハウスは現在シカゴエリアで3店舗展開中ですが、今回はミレニアムパーク近く、プルデンシャルビルの1階に入っている店舗へ!

ホテルの方からも、かなりの混雑具合と聞き、朝6時半からの営業とのことだったので、7時ごろにはお店に着くように向かいました。

お店の外観はこんな感じ▲▲

気候の良い時期は、店舗横…ミレニアムパーク側にあるテラス席も利用できるようですが、私たちが行ったときはすでに寒かったので、テラス席はありませんでした。

店内の様子▲▲思ったより広くて、お店についた直後はまだまだ空席もある様子でしたが、みるみるうちにいっぱいに…。

曜日にもよるかと思いますが、平日7時ごろに着いた私たちは待ち時間なしで入れました。

が、7時40分ごろ以降からちょっとずつ行列が…やっぱり待ちたくない方は、朝一がオススメかと思います。

ブランチメニュー一例▲▲

名物、パンケーキの他にも、アメリカの定番ブランチメニューであるオムレツやスキレット、ワッフルにクレープメニューも!

そして期間限定スペシャルメニューもありました▲▲

今回頼んだメニュー

まずはコーヒーとカプチーノを注文…▲▲ハウスコーヒーはもちろんおかわり自由です。

これ▲▲は手前から、ここの手作りジャム…ワイルドベリージャムとパンケーキ用のシロップ、そして奥はホイップバターとケチャップが出てきました。

パンケーキ…やっぱりおいしい!

これが名物”Signature Berry Bliss”▲▲アメリカ的な激甘パンケーキかと思いきや…そこまで。

ふわふわパンケーキに、ここの手作りワイルドベリージャムがよく合いました!

そしてこっちはスキレット▲▲パンケーキが結構重そうなのは想像ついたので、お肉なしで野菜たっぷりのモノに!

下にハッシュブラウン、その上にほうれん草やトマト、アスパラに玉ねぎにキノコなど…野菜がたっぷり入っていて、上にはこれまた大量のチーズをのせ、オーブンで焼いたものです。

上の卵は、今回は両面焼きの目玉焼きにしましたが、他にもスクランブルエッグやポーチドエッグ、半熟目玉焼きなど、色々選べました。

パンケーキはもちろん、こっちのスキレットも美味しくて、甘い系1つと塩辛い系1つ…と、とても良い組み合わせでした。

Wildberry Pancakes and Cafeの場所

住所:130 E Randolph St, Chicago, IL 60601

★Wildberry Pancekes & Caféの公式ホームページはこちら★

混雑はしていましたが、私たちのテーブルに着いてくれたウェイターさんの方がとてもフレンドリーで手際も良く、雰囲気も良い方だったので、雑多な中でも美味しく気持ちよく食事をすることができました。

最後にコーヒーも”今日寒いね…2人分to-goの準備する?”と、お持ち帰り用のまでオファーして用意してくださいました。

シカゴに旅行できていた方にも、フワフワパンケーキと野菜のボリュームたっぷりな香ばしいスキレット…とても好評だったので、良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください