掃除機が欲しい!DysonとMiele…かElectrolux、どれにするか問題

掃除機を買いたいのですが、Dysonにしようか、Mieleにしようか、Electroluxにしようか迷っています。

探している条件は

  1. カーペットもフローリングも両方きれいにできる
  2. 吸引率がすごい
  3. 排気がきれい
  4. そこまで高くない…

こんな感じです。

静穏設計でなくても、よいのですが、何よりもカーペットとフローリング、両方での吸引力重視です。

今のところ考えているのはキャニスター式の掃除機…▼▼日本では一般的な、本体からホースが出ていて、そのホースの先にヘッドがついている形です。

アメリカではアップライト式というのもメジャーですが、掃除機ヘッドの扱いやすさなどを考えると、キャニスターが一番いいかと…結論付けました。

これはアップライト式▲▲

頭の中の整理のためにも、今悩んでいる2社(ダイソンとミーレ)の掃除機のいいところと悪いところを、簡単にまとめてみました。

Dysonの掃除機

総じてAmazonで見ても、評判はいいようで、今のところの第一候補はこのDyson Cinetic Bog Ballというシリーズです▼▼

ちなみに…これは最上位機種なのか…すっごく高いですが、見ていたのは、同じ機種で500~600ドルくらいのもの…

Dysonのキャニスター掃除機:良いところ

  • フィルターの交換がいらない⇒維持費がかからない
  • ダストバッグもない⇒維持費がかからない
  • 吸引力が落ちない(と言われている)
  • 値段も手ごろ

ダストバッグタイプのモノの欠点をカバーしている感じ…。

また、気になっていたカーペットとフローリング、両方兼用で、吸引力も問題なさそうです。

特にアレルギーなども持っていないですし、動物も飼っていないので、AnimalとかAllergyとか付いたモデルではなく、普通のCinetic Big Ballにしようかと思っています。

Dysonのキャニスター掃除機:気になるところ

  • ダストバッグがないタイプは、毎回ゴミ捨ての際すごい埃が舞う
  • HEPAフィルターなどないので、排気はどうなのか気になる
  • 収納時に吸い上げたゴミが見える

こんな感じのところでしょうか。

気になるところは、まさに良いところの裏返しみたいになっているので、一長一短といった感じで、しょうがないですよね。

ゴミ捨ては、吸引力維持のためにも、結構頻繁にしないといけないようですが、粉砕されてかなり細かくなったゴミが、ゴミ箱に捨てる時に舞ってしまうのはしょうがなさそうな感じ…。

ダイソンの公式ページにも「ゴミ捨ての時にゴミが舞ってしまうのが気になる人はこうしてください」という案内が載っていて、びっくりしたくらいです。

それぐらい、たぶん気にする人(または、アレルギーとかで気にしないといけない人)にとっては、気になるのだということ。

Mieleの掃除機

Mieleは…私の実家がずっとミーレの掃除機を使っていたので、その名残で掃除機といえばMieleと昔から思っていました。

今回も掃除機を買おう!と決めて一番最初に見たのがMieleのウェブサイト。

今候補に挙がっているのはC1 Titanか、C2シリーズ▼▼か、その上位版のC3シリーズ。

Mieleの掃除機:良いなと思ったところ

  • 虫とか吸い込んでもダストバッグを捨てるだけなので、ゴミを見なくてよい
  • HEPAフィルターがついていて排気がきれいと言われている
  • まさに掃除機!という感じでかわいい

こんな感じかな…

吸引力はダイソンと大差がないようですが、ミーレのC3モデルの良いところは、カーペットに強いヘッドもついてくるというところも、プラスポイントです。

フローリングはフローリング用のヘッドもついてくるようです。

カーペットもフローリングもどっちも大丈夫!とうたっているヘッドは、どちらも中途半端…ということが多々あるので、専用ヘッドがあるのなら心強いです。

Mieleの掃除機:気になるところ

  • フィルターとダストバッグ交換しないといけない⇒維持費がかかる
  • 全部入り掃除機はかなり高い

ダストバッグがついている掃除機すべてにいえることですが、ダストバッグがいっぱいになってくると、吸引力が落ちるといわれています。

その点、ダイソンのダストバッグを使わないタイプだと、吸引力を維持するためのコストが全くかからないので、その点はダイソンの掃除機のほうが優れているのかな。

また、ミーレは気に入ったモデルを買おうと思うと、かなりお値段が高くなってしまうというのも難点です…。

20年使える家電とのことですが、(そういえばうちの掃除機も20年ほど壊れていない…)なかなか掃除機に10万円ちょっと払うのもなぁ…と、躊躇しているところです。

もちろん、価格は性能やついてくるヘッドなどのアクセサリーの種類にもよるようなので、手ごろな値段のモノもあるようですが。

ちょっと悩んでいます。

番外編:Electroluxの掃除機

Electroluxはとりあえず、アメリカ人の知り合いの方が「良いよ~」と言っていたので、一応見てみたのですが…そこまで個人的にピンとくるのがなかったので、今回は見送り…

でも、これはちょっと気になりました▼▼

とりあえず、基本的なところは全部抑えているようですね…

  • ダストバッグ付き(ごみの処理が楽)
  • マルチフロア
  • HEPAフィルターがついている
  • 値段がお手頃!

ただ、ミーレかダイソンが予算内で良さそうなのが買えるようなら、あえてエレクトロラックスの掃除機は買わないかも。

完全にミーレとダイソンの掃除機マーケティングに、うまく踊らされているのはわかっているのですが、長く使うものなので、気に入ったメーカーのものを買うのも大切かと…!

Miele?Dyson?どちらにしようか…

今のところは、ミーレのC2 (Limited Edition)が黄色でかわいくて、しかも値段も手ごろで、第一候補な感じです。

ダイソンもかなり惹かれていますが、ゴミの処理が結構面倒くさいうえに、かなり埃っぽくなってしまいそうなのと…あとは、ゴミを毎回捨てない場合、収納時にもゴミが見える…というところ。

虫が嫌いでたまらないので、虫を吸ったら自分でごみを空にできなさそうだし…かといって、中に虫がいるかもしれないのに中が見えるとちょっと嫌だし…と、ダイソンを迷う理由は、たぶんほとんど私の虫嫌いから来ているのかも。

ネット上では、ダイソンの掃除機は、吸引したゴミの量が見えるから掃除するモチベーションになるといった声もあるようですが、私は「虫」を理由に、ゴミは見えないほうがいいと思っています。

その点、ダストバッグ式のミーレは最後に1回、ぽいっと(しかもゴミの中身は目に触れずに)捨てればいいので、簡単で私向きかもしれないです。

などなど…いろいろ加味して、今のところはMieleの黄色いC2になりそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください