掃除機はルンバに決まり!お買い物している間に家がキレイに!

新しいルンバが発売になり、とても気になっていたルンバ…我が家でも導入しました。

今回買ったのは、Roomba(ルンバ)980という製品。

新製品はi7+ (Plus)というモデルなのですが、いろいろ考えた挙句、数年前から出ている、評判のよい980モデルに落ち着きました。

理由は以下のとおりです。

ごみ入れを自動で空っぽにしてくれる最新ルンバi7+

今までのルンバでは、ゴミ入れがとても小さいという問題を抱えていたのですが、新らしく出たこのルンバは、ゴミでいっぱいになってしまったら、ステーションへいったん戻り、ゴミを空にしてから、また掃除に繰り出してくれる…という優れものです。

ただし、ごみステーションには、専用のごみバッグを取り付けないといけなくて、それが思いのほか高いのです。

アメリカの値段なので、日本だともう少し割高になりそうですが、アメリカでは今のところ1枚7ドルほど。

そしてルンバのごみ入れが30回分入るそうなのですが、30回というと、犬がいる我が家ですと、一か月分にもなりません。

ということで、ランニングコストが高くなりそうだったのと、性能的にはあまり変わらないようだったので(バッテリーの持ちが1割向上とか…)最新機種は見送りました。

ペットがいても安心!ルンバ980モデル

我が家のルンバ選定時の条件は以下の通りでした。

  • ペットの毛もしっかり吸引
  • 複数床面対応(フローリング/絨毯)
  • リモートスタート

ペットの毛は、やっぱりそこら中に落ちてしまうので、それをきれいにしてくれるルンバを探していました。

そして、複数床面対応というのも、フローリングと絨毯の部屋両方ある我が家には必須条件。

そしてリモートスタートというのは、仕事中でもいつでも、出先から「掃除開始!」とボタン一つでコントロールできる…というもの。

外出時に掃除機掛けを済ませてくれるので本当に助かります。

これで我が家の掃除機はミーレとルンバの2台に

ミーレと比べてしまうと、ルンバの吸引力は弱いですが、毎日掃除機を念入りにかけていれば、そこまで汚れはたまらないかと思います。

なので、ルンバを導入して以来、ミーレの出番は本当に少なくなりましたが、それでも絨毯張りの部屋で、大掃除をしたりするときは(人が来る前など…ゲストルームの掃除とか)時間が勝負だったりするので、今まで通りミーレでガーーーーっと一気に掃除しています。

ルンバはなんせ、ゆーーーっくりじーーっくり掃除するので、時間がかかってしまいますので。

ということで、普段の掃除はルンバ、重点的にピンポイントの掃除(しかも時間が勝負の時は)ミーレ…と、使い分けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください