スパイになった気分でシカゴ#1のハンバーガーが食べられる「Safehouse Chicago」

シカゴで、アメリカっぽいハンバーガーを求めて行ってきたのは、”スパイのアジト…スパイが安心して食べたり飲んだりを楽しめる空間…セーフハウス”がコンセプトのレストランでした。

バーガーの味がどうこうと言うよりも、レストラン全体がテーマパークのようになっていて、ちょっと面白い体験だったので、記事にします。

”スパイのアジト“レストラン…セーフハウス

レストランの入り口は、トレーダージョーズの横…とてもわかりにくいですが、「赤い扉…」とだけヒントを…。

これが目印の看板です▲▲

なんといっても、スパイのアジトなので、入り口はカモフラージュされて居ます。

私たちも、赤い扉を開けた瞬間「…???」となり、「間違えました…」とドアから出ようとしました。

が、そこがレストランの入り口であっています!

若干ネタバレですが…入り口の扉入ったら待ち受ける光景を載せておきます…▲▲(写真撮っていいですか?と聞いたらノリノリで”演じて”くれました)

入った瞬間、テーマパーク的なノリが始まるので、ノリノリでテンション高めのアメリカ人の方と行くと、楽しさ倍増かも!

ミッション成功後、レストランへ!

今度こそ、レストランへ続く扉が開き、レストランの内部へ…

矢印…▲▲

…と、矢印の先にある扉を開けようとしたら、不意打ちで違う方向の壁に入り口が出現しまして、若干ビックリしました。

店内の様子

店内は全体的に暗くて写真を撮るのが難しかったのですが、何枚か撮ってきたので載せます。

店内…▲▲こんな感じでバーカウンターもありました。

壁にもスパイグッズがたくさん…▲▲

メニューの一部

暗くてちょっとみにくいですが、ここは、道端の看板にもあった通り、ハンバーガーが名物みたいです。

一応シカゴ#1バーガーと銘打っています…「MOAB」とありますが、破壊力抜群な…という意味で付けたのでしょうか…。

あとは、レストラン兼バーなだけあり、アルコールメニューが充実!

スパイがテーマのお店ということで、シークレットメニュー?も有りました。

探して注文してみるのも楽しいかも。

ハンバーガー美味しい!

今回はハンバーガーメニューと(店員さんおススメ)チキンサンドウィッチを頼んでみました。

具がはみ出しているハンバーガー…と、サイドのコールスロー▲▲

かなりアメリカンなハンバーガー。

今回一緒に行った旅行でシカゴにいらしていた方も「アメリカっぽい!!」と、大満足でした!

そして、こっちがチキンサンド…と、サイドのフライドポテト▲▲

こちらも具が盛大にはみ出している…▲▲

店員さんは、フライドチキンサンドもかなり豪快でイイわよ〜!とのことでしたが、今回はフライドチキンほど重くはないだろう…との期待を込めて、グリルされたチキンのサンドウィッチにしてみました。

どちらも具だくさんで美味しいサンドウィッチ/バーガーでした!

退店時もミッションが!!

たくさん書きすぎると、ネタバレになってしまうのですが、端的にいうと、

  1. 電話で暗証番号を受け取る
  2. 受け取った番号でドアを開ける

と言ったシンプルなミッションです…

こんな所▲▲を通って出口まで行きます。

レーザーが出ていて、触れると警告がなる…なんて、ちょっと子供とかはテンション上がっちゃうかもです!

そして、ここを抜けると、ようやく店外へ…ここまでひっくるめた「Safehouse Chicago」での体験、楽しかったです。

Safehouse Chicagoの場所

住所: 60 E Ontario St, Chicago, IL 60611

ネタバレしすぎちゃうと行った時につまらなくなるので、あまり書けないですが、とにかく体験ひっくるめてとても楽しい時間でした。

夜は完全にバーのノリになるようなので、あまり夜遅くは雰囲気的にどうかとも思いますが、お昼時から営業しているようなので、お昼の時間帯はお子さん連れで行っても楽しいかと思います。

スパイ映画など好きな方には、特におススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください