ミシガン秋の味覚狩り…サイダーミル巡り①:Yates Cider Mill(Rochester, MI)

ミシガン秋の風物詩…サイダーミルのアップルサイダーとドーナツを求めて、ノバイ周辺をめぐっています。

この日は、ノバイから40分ちょっとのローチェスターという街にあるYates Cider Mill(イェイツサイダーミル)というところに行ってきました。

1863年からアップルサイダーを作っている、歴史あるサイダーミルだそうですが、YelpやGoogleのレビューでもかなりの高評価ということで、期待しつつ、行ってきました。

イェイツサイダーミル

逆光ですが…サイダーミルの外観▼▼

20170906_132947128_iOS

平日の朝9時すぎに行ったので、地元の人で大人気のサイダーミルにもかかわらず、人影はほとんど見当たりませんでした。

メニューはコチラ▼▼

20170906_133006664_iOS

ここのドーナツはかなり小ぶりなので、お値段もほかのところに比べるとリーズナブル…。

そして、現金を持ち歩かない私としては嬉しいことに、クレジットカードやデビットカードも使えます。

20170906_133311818_iOS

店内の様子▲▲

店内はあまり広くないので、シーズン初めや、週末は混雑して、行列が外まで延びることも…。

Yates Cider Millのアップルサイダーとドーナツ

20170906_133403865_iOS

アップルサイダーは、ほかのところよりもかなり透明感が強い感じ。

味も、無濾過・無加糖・非加熱のアップルサイダーというよりも、普通のリンゴジュースに近い感じの印象…。

私の中では、アップルサイダーといえば、かなり粗削りなリンゴ!!!という感じの味だったのですが、ここのイェイツサイダーミルのアップルサイダーは、少し洗練されたリンゴの味…といった感じ。

そんな風にいえば、聞こえはいいのでしょうが、私としては、少しリンゴジュース感が強すぎて、アップルサイダー感少なくて…なんだか物足りないです。

でも、イェイツのアップルサイダーは、本当にとっても甘くて…無加糖とは…にわかに信じがたい甘さ!

20170906_134611671_iOS

プレーンドーナツ▲▲こちらも…少し物足りない感じ。

全体的に軽めなので、少し甘さ控えめなものが好きな方には、おススメかもしれませんが、甘党の方だと、プレーンはちょっと軽すぎるかもしれません。

20170906_134507492_iOS

シナモンシュガー▲▲シナモンシュガーがまぶしてあって、やっとちょうどいい感じなのですが、生地はやっぱり軽めなので…私はほかのサイダーミルのドーナツのほうが好きでした。

また、全体的に、ドーナツのスパイスもうっすら…な感じ。

20170906_155553303_iOS

右が、フランクリンサイダーミルのドーナツで、左がイェイツサイダーミルのドーナツですが、イェイツのほうが生地が卵色&スパイスの粒粒感が少なく、全体的にスパイスの効きが薄い感じ▲▲

しっかり甘くてしっかりスパイスの効いたドーナツが好きなので、イェイツのアップルサイダーとドーナツはおいしい!と聞いていたのですが、個人的にはどちらも若干ガッカリでした。

ただ、イェイツのアップルサイダーがとても甘いので、それに合わせてドーナツは、少し甘さ控えめにしているのかもしれません。

でも、ハイキングトレイルや横にあるYates公園など、サイダーミルがあるところ一帯がレクリエーションエリアになっているので、小さい子供がいたら、アップルサイダーを飲んでドーナツを食べながら、周辺を散策したり、公園でのんびりしたり…と、楽しいかも。

アップルサイダーとドーナツだけじゃない!イェイツサイダーミル

20170906_133650785_iOS

サイダーミルには、隣接してファッジショップ▲▲と、アップルテントと名付けられたリンゴの直売&リンゴ製品が販売されているお店がありました▼▼

20170906_133655952_iOS

気になったので、アップルテントに入ってみることに…▲▲▼▼

20170906_133759728_iOS

アメリカには、何十もの種類のリンゴがあるといわれていますが、ミシガンでポピュラーなリンゴのポスターが掲げられていました▲▲

20170906_133851081_iOS

あとはTシャツなどのアパレルグッズと、ジャムやハチミツなどの加工品も▲▲

20170906_133907923_iOS

これはリンゴの袋詰め放題▲▲(価格表にはPeckやBushelなど、聞きなれない単位が並びますが、Bushelが約36リットルで、4Peckで1Bushelとなるようです。要するに袋の大きさを示していますが、なかなかピンとこないですよね。)

20170906_133947135_iOS

テントの外には、リンゴクイズもありました。

ちなみに答え合わせをしたい方はコチラ▼▼

  • 1ガロン(約3.8リットル)のアップルサイダーを作るのに、必要なリンゴの数は?⇒36個
  • 1つのリンゴができるのに、何枚の葉っぱが必要?⇒50枚
  • アメリカ人は1年にどのくらいの量のリンゴを消費する?⇒19.6ポンド(約8.9キロ)
  • なぜ新鮮なリンゴは水に浮く?⇒リンゴの25%ほどは空気だから

だそうです。

あと、インターネット上で評判だったのは、ドーナツサンデーというデザート。

20170906_134206183_iOS

メニュー右端にあります▲▲

私が行ったときは、朝早かったためか、まだ外のお店はやっていなかったのですが、チャンスがあったらまた食べてみたいと思います。

個人的には隣のApple Crisp A La Modeのほうが気になりますが…。

Yates Cider Millの場所

今回行ったYates Cider Millは、ローチェスターという街にあります。

住所:1990 E Avon Rd, Rochester Hills, MI 48307

★Yates Cider Millの公式ホームページはコチラ★

ホームページを確認してみると、オンラインショップもあるようですし、アンテナショップもあるようですので、本家のCider Millに行かなくても、イェイツのアップルサイダーやリンゴ製品が購入できますが、やっぱり”ミシガンの秋”を味わうには、サイダーミルまで足を運んでみるのが、おススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください