豪快なアメリカンステーキが気軽に食べられる「Logan’s Roadhouse」(ステーキチェーン)

アメリカンなステーキが食べたい!という時におススメなのが、ステーキハウス…だけど、ちゃんとしたところに毎回行くのはとても高くついてしまうので、なかなかいけません。

が、アメリカにはチェーン展開していて、リーズナブルに豪快なアメリカンステーキが楽しめるステーキハウスもたくさん!

いくつかありますが、今回行ってきたのはここです▼▼

アメリカンなファミリーステーキハウス「Logan’s Roadhouse」

DSCF0498

お店の外観▲▲

DSCF0483

お店の中はかなりアメリカンな感じ▲▲▼▼

DSCF0484

どの店舗にもバーカウンターと、こんな感じ▲▲の、アメリカンダイナーみたいな席があります。

ダイナー席が満席の時は、バーカウンターでもステーキ注文できるようです。

席に着いたらまずピーナッツ

テキサスロードハウスという、このローガンズのライバル店でもそうなのですが…席に着くと、なぜかブリキのバケツいっぱいのピーナッツが運ばれてきます。

ファミリーレストラン的なステーキ屋さんでは、どこもそうなのでしょうか…

DSCF0476

このピーナッツは、お代わり自由なのはもちろん、アメリカ人の方々はピーナッツの殻を、床に捨てながら食べているのを、よく見かけます。

DSCF0477

私はごはん前にそこまでピーナッツを食べたいとは思わないですが…。(特にこれからおなか一杯ステーキを食べようとしているのに…)

メインはやっぱりステーキ!

DSCF0478

今回はリブアイの16オンス(450gちょっと)を頼むことにしました。

リブアイでも21ドルぐらい…と、破格です。

DSCF0479

飲み物はこのレモネード入りのアイスティー…▲▲聞いてみると、甘さも調節できるようだったので、レモネードの甘さはそのままで、アイスティーは甘くないもので作ってもらうことにしました。

DSCF0482

ちょっと暗いですが、左がレモネードアイスティ▲▲

持ってきていただいたときに、味見したらとても甘かったので、念のためこれでも甘さ控えめなのか聞いてみたら、「あ~~忘れてた!」と言われて、作り直していただきました。

DSCF0480

チェーンのステーキ屋さんによくありがちな、付け合わせのパン…▲▲ふかふかですが、バターまみれ…

そしてさらに、アメリカ人の方々は、このバターまみれのパンに、ハニーバターを付けて召し上がります…恐ろしいです。

日本人にも好評のリブアイ

DSCF0489

アメリカで、初めて”アメリカンな”ステーキを食べる…という日本人の方には、脂が適度にのっていて、日本人の方の口にも合う(と、私は勝手に思っている)リブアイをおススメしています。

もちろん、脂身全くなしで、赤身だけが良い!と最初から分かっている方には、フィレや、サーロインなどもおすすめですが、どうしようか迷っているのでしたら、リブアイが良いかと思っています。

私もいろいろな部位を試してみましたが、リブアイが一番好きです。

DSCF0486

さすがに16オンスだと大きい…▲▲

サイドの付け合わせは、アップルソースとマッシュポテトにしました。

ステーキ屋さんのデザートはやっぱり豪快!?

普段、おなか一杯ステーキを食べると、ステーキ屋さんのこれまたボリュームたっぷりなデザートまでは、なかなか手が伸びないですが、今回はかわいいデザートを見つけたので、頼んでみることにしました。

DSCF0494

見つけたのは、このミニバケツデザート▲▲

DSCF0492

ティースプーンを指してみましたが、本当に小さい▲▲

食後にちょっとだけ甘い物ほしいなぁ~くらいだと、この大きさがちょうどいいです。

アメリカンサイズなチーズケーキやチョコレートケーキとか、くどくて…とてもじゃないけど食べきれないので…。

DSCF0496

ちなみに、空になったバケツは、お持ち帰りできるようで、お会計の際に洗って持ってきてくださいました。

Logan’s Roadhouseの場所

ノバイからも近い店舗の住所:39605 Ford Rd, Canton, MI 48187(カントンのお店)

★Logan’s Roadhouseの公式ホームページはコチラ★

色々なところにフランチャイズ展開しているので、お住いの地域の近くにもあるかもしれません。

お高いステーキハウスでいただくステーキもおいしいですが、アメリカンファミリーに混じって、にぎやかに食べるアメリカンステーキもとてもおいしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください