アメリカ永住権:雇用ベースグリーンカード各プロセス所要日数【完】

現在申請中のグリーンカード…各プロセスの進行状況を、時系列にまとめています。

永住権申請中は待ち時間が半端なく長く、イロイロと気をもむことが多いと思いますが、私と同じく「まだかなまだかな…」とヤキモキしている方や、これから申請しようとしている方など、少しでも参考にしていただければと思います。

インターネット上には、国際結婚で米国市民の方と結婚して、フィアンセビザで入国、その後グリーンカードプロセスに入った方の話は結構あるのですが、H1-Bビザからの雇用ベースでのグリーンカードの話は、あまりないように感じます。

米国市民との結婚経由での永住権申請よりも雇用ベースでの申請のほうが、状況が複雑ですし、不確定要素も多く、不安も多いのではないでしょうか。

グリーンカードの申請は、配偶者の国籍や、個人の能力や収入(納税額)など、アメリカ社会への貢献度によって、申請者は詳細にカテゴリ分けされており、すんなり数か月でとれるのか、それとも数年~十数年単位で待たないといけないのか…など、イロイロと所要時間を左右する諸条件があるので、一般的な話はできないのは分かっているのですが、あくまでも、私個人の体験を綴ります。

グリーンカード申請時のステータス

まず、申請時のステータスですが、私の配偶者はすでにアメリカ国内で働いており、私は第3国(母国(日本)でも、アメリカでもない…)に仕事の関係で滞在中でした。

そして、配偶者の持っているH1Bから永住権の申請を試みたので、主に申請するのは私ではなく、私の配偶者とその雇用主…。

私の立場としては、私の配偶者がH1Bをもって働いている会社(雇用主)を通じて永住権の申請をし、それが受理されれば、配偶者である私もグリーンカードがもらえる…という感じです。

ちなみに、グリーンカード申請のプロセス開始時のステータスはこんな感じ。

  • 配偶者:H1Bビザ
  • 私:ノービザ(アメリカ国内にいなかったので…)

もともとアメリカ国内で働いていた配偶者には、一人グリーンカードの申請を進めてもらい、I-140が受理される直前に、私もI-485/I-131/I-765の申請を始めました。

一般的に、雇用ベースのグリーンカードの場合だと、家族全員分同時に申請するのが普通なようですが、私たちは私自身の仕事の都合があったので、一人遅らせ、別々に申請することにしました。

担当弁護士の方によると、たとえ夫婦別々に申請したとしても、配偶者のI-140のApprovalが降りるまでに、追加で家族分も申請すれば、揃って同じくらいの時期にグリーンカードが受け取れる…とのことでしたので、私の申請は遅らせられるところまで遅らせました。

PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V

グリーンカード申請カテゴリ

雇用ベースのグリーンカードにも、申請者の特性により、かなり詳細にカテゴリ分けされており、グリーンカード発給の優先度もカテゴリによって、全然違います。

EB1~EB2~EB3…と、どんどん優先度が下がっていくにつれ、所要時間は劇的に伸びていくのですが、私たちの場合は、EB2のNIW(National Interest Wavier)でした。

グリーンカード取得プロセスタイムライン(随時更新)

プライオリティデイトを1日目として、何日目にどんなマイルストーンを経てきたのかを記しています。

  • 2015年春、配偶者がOPTからH1-B取得
  • Day 1   :配偶者のPriority Date
  • Day 74  :配偶者の健康診断(+ワクチン接種完了)
  • Day 159:配偶者の指紋採取
  • Day 225:配偶者のEAD/APコンボカード受領
  • Day 277:私のH4ビザ取得
  • Day 305:私の健康診断(+ワクチン接種完了)
  • Day 321:私のI-485/I-131/I-765申請
  • Day 334:配偶者のI-140, approved
  • Day 410:私の指紋採取
  • Day 468:問い合わせ(e-inquiry経由)
  • Day 492:InfoPass経由で面接申し込み
  • Day 504:私のEAD/APコンボカード受領
  • Day 524:追加書類リクエスト(RFE)が来た
  • Day 539:追加書類準備⇒2回目の健康診断(+ワクチン)
  • Day 602:配偶者のと私の…両I-485、”Approved”
  • Day 610グリーンカードが届いた!

準備段階を入れると、グリーンカード取得を目指してから3年弱で、無事取得できました。

グリーンカード申請中の方も、これからグリーンカード取得を目指して動き出す方も…「ただ待つ」というのは本当につらいかと思いますが、頑張りましょう。

※ここにあるプロセスの記録は、個人的な体験を書いています。また、私は法律家でも移民専門家でもないので…あくまでも参考程度に、よろしくお願いします。

各プロセス関連記事(随時更新)

~準備中~

追記①:EADの申請をしてから、75日以降経過しても、音沙汰がない場合は、どうなってるの~と、問い合わせることができるのですが(e-inqury)、私も先日してみました。

Receipt Number, A-Numberなど、基本的な情報が手元で確認できれば、e-inquiryの申請自体はインターネット上で簡単にできました。

追記②:※RFEで求められた書類を提出後、2週間後くらいにI-485のApprovedの通知が来ました!

トランプ政権下では、Rejectionレターを受け取ったケースの話もよく聞いていたので、うちは大丈夫かと心配していましたが、RFEからすぐ、無事グリーンカードを受け取ることができました。

<その他グリーンカード関連記事をもっと見る>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください