犬の学校?犬のホテル?忙しい愛犬家御用達の「Canine College」(Farmington, MI)

仕事をしていたりしても犬が飼いたい!とか、犬がいるけど少し長期で旅行に行きたい…など、犬に関する悩みはいろいろあるかと思いますが、さすが愛犬家の多いアメリカならでは…といった感じで、犬を日中預かってくれる”犬の学校”や、”犬のホテル”といった施設もたくさんあるようです。

私の住んでいるところの近くにも、何軒かあるようですが、今回はグーグルでも評価が高かったCanine Collegeというところに行ってみることにしました。

image

▲▲口コミ135件で★4.7個…ということで、かなりの高評価▲▲

常時100匹単位で犬を預かっているCanine College

あまりにも規模の小さい犬のホテルだと、予約が必ず必要だったり、急なデイケアが必要だったときなどの対応もあまりしてもらえなかったり…とのことですが、大規模でやっているところは、それだけ職員数も多いし、急な対応もしてもらいやすいとのことを地元の愛犬家の方から伺いました。

“犬の学校”と言っても、トレーニングオプションを付けないと、ただ単に他の犬と戯れながら遊んでいるだけのようですが、それでも人間が行く学校のように、朝から夕方までフルタイムで預かってもらえるのです。

20170923_210909244_iOS

ノバイの中心部からは車で10分ほどですが…ここ、周りには何もない…▲▲

20170923_210917365_iOS

すごく平凡な平屋の建物…▲▲、ここの中に犬の学校とホテルがあります。

サービスメニュー表はコチラ▼▼

20170923_210213302_iOS

1日中預かってくれるデイケアや、犬のホテル代わりに利用できるオーバーナイトボーディングなどのサービスがあります。

そして、オーバーナイトの場合の値段は、1日目と2日目のデイケアがつくようなので、1日目は朝6時半以降いつでも連れてくることができて、2日目の夜6時半までにお迎えに来ればいいそうです。

お値段は、この周辺いろいろなデイケアやボーディング施設を見てみましたが、大体ドコも似たような感じ…。

ここの場合は、

  1. 最大12時間のデイケア=27ドル
  2. 最大36時間のボーディング=43ドル

グルーミングやシャワーなどのオプションもつけられたり、1晩トイレがまだ我慢できないような月齢の子のための「夜中のトイレ休憩」など、その都度追加料金はかかりますが、イロイロとオプションがあります。

2階デッキから場内の様子を見学できる!

20170923_210340471_iOS

犬のホテルの中はこんな感じ▲▲

日本の犬のホテルだと、土地があまりないからか、クレートのようなところに入れられて1晩過ごさないといけないところもありますが(特に小型犬)、さすがはアメリカ…土地がふんだんに余っているため、やっぱり犬のホテルも、犬1頭に割り当てられている床面積が広い…。

前述のとおり、1泊の宿泊になると、デイケアが1日目と2日目の2日分ついているので、基本的には1日目のデイケアが終わる午後6時半から2日目のデイケアが始まる朝6時半までの間は、この個室のなかで過ごすようです。

20170923_210345032_iOS

小さいお部屋には、スペシャルケアが必要な小型犬が入っていたり…

20170923_210348789_iOS

比較的大きいサイズの犬でも快適に過ごせるように、大きめのお部屋もありました。

また、複数犬一緒に買われていたりする場合は、更に大きい部屋で一緒に過ごせたりするようです。

20170923_210440162_iOS

2階のデッキからは、この建物のバックヤードにある屋外の遊び場の様子を、肉眼で確認することはできませんが、屋内/屋外どこの遊び場も、監視カメラで様子が確認できるように、iPadが設置されていました。

犬用のグッズやおやつも充実

20170923_210731818_iOS

Canine College入口入ったところ(受付横)には、犬用のグッズやおやつの売り場が広がっていて、これまたかわいい…!

どれも買ってあげたくなっちゃうようなもので埋め尽くされている…

20170923_210728776_iOS

ちょっと珍しい、こだわりおやつなども…▲▲

20170923_210821772_iOS

このクッキーは愛犬家の方へのプレゼント用などにも人気のようです▲▲

Canine College…利用前にはちょっとした診断があります

ここ、Canine Collegeもそうですが、デイケアやボーディングサービスを初めて利用する際は、ドコも結構性格テストなどを受けないといけないようです。

Canine Collegeの場合は、オンラインからも性格診断テストの予約ができますが、私のように直接行ったり、それから電話でも、診断の日を決めることもできます。

また、狂犬病のワクチンや、そのほかアメリカの獣医さんで子犬のうちに受けるワクチンのシリーズいくつか終わらせていないと、あずかれない…など、諸条件あるようですので、そちらは要確認です。

また、あまりにも幼い子犬や老犬など、介護や食事制限など、スペシャルケアが必要な場合も、要相談とのこと。

基本的には3か月以上のワンちゃんなら大丈夫だと思いますが、心配事がある場合は、初期診断申し込みの際に、トレーナーさんに話してみるのが良いかと思います。

相性もあるようなので、ここがあまりハマらなくても、ほかにもたくさんあるし!くらいの、軽い気持ちで臨めば大丈夫とのこと。

Canine Collegeの場所

住所:23717 Research Dr, Farmington Hills, MI 48335

★Canine Collegeの公式ホームページはコチラ★

もちろん、最初から最後まで家族で協力しあって犬のお世話ができるといいですが、いろいろな事情で2晩だけ預かってほしい…とか、この週は平日どうしても面倒見れない…なんて状況もあるかと思います。

また、獣医さんの話でも、ほかの犬と戯れる機会を作って、犬としての社会性を培ったり、ほかの犬や人と触れ合う機会を与える…という意味でも、ある程度若いうちから定期的にデイケアを利用した方がいいとのことでした。

うちは5か月からデイケアを利用していますが、今のところ楽しく行ってくれているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください