コロナ禍ミシガンでもレストラン営業再開したのでメキシカン食べに行ってきた

コロナの影響でレストラン店内で食事ができなくなってから早2か月ほど、ミシガンでもようやく規制が少し緩くなり、キャパシティ制限などはあるもののレストラン店内で食べられるようになりました。

早速テックスメックスチェーン(アメリカンメキシカン)に行ってきたのですが、コロナの前と今ではやはり少しずつ色々と変わっていました。

On The Border – Mexican Grill & Cantina

今回行ったのは「On The Border」というお店。

夫はここのUnlimited Tacos(タコス食べ放題)が好きだったので、コロナ前にも何回か行っていました。

また、特大マルガリータがお得に飲めるマルガリータデイなどのイベントもあったりして私も結構好きです。(伝統的なメキシコ料理というよりは、完全なるTex Mexですが)

入り口にはSocial distancingについてと、1つのテーブルに対しての人数制限に関する張り紙▼▼

あと、いたるところにテーブルや椅子などを消毒する消毒液が置かれていました。

6フィートのソーシャルディスタンシングが必要との張りですが、やっぱりフィートだとピンとこないですね。

でもその下にある「タコス12個くらい並べた距離」とはもっとピンとこないです。

店内はやっぱりまだまだ全体的にお客さんは少ないです▼▼

目についたのはPurellの消毒ジェルタワー…▲▲

巷ではまだまだPurellの消毒液すごく手に入りにくいですが、業務用はちゃんと流通しているようですね。レストランに置いてあるのは心強いです。

特にメキシカンは手で食べるものも多いので…。

メニューも簡素化、使い捨てに

案内されると同時にテーブルには使い捨てメニューが置かれました。

どうやらメニューも簡素化されているようですね。以前より品数が減ったのは言うまでもありません。

夫が楽しみにしていたUnlimited Tacosもメニューからなくなってしまったようです。

最近のニュースでも取り上げられていましたが、タブレット端末を使ったメニューを導入するレストランチェーンが増えているようです。

冊子型のメニューは消毒が大変ですが、タブレット端末なら消毒液を吹きかけてササっと消毒できるから重宝されているとか。

アメリカのファミレスチェーンであるチリズやアップルビーズなどではすでに導入済みとのことです。

使い捨てのメニューも良いですね。冊子のメニューはやっぱりとても汚い印象になってしまうので、使い捨てだと安心感あります。

チップスはいつも通り

メキシカンレストランに来るといつも楽しみなトルティーヤチップスはいつも通り出てきました。

この日頼んだメニューはブリート▼▼

そしてファヒータサラダ▼▼

お肉はステーキを選びました▼▼

久しぶりのレストランでの食事は楽しかったです。

自分で作らないでも出来立ての料理を運んできてもらって、ただ食べるだけって最高すぎます。

まだまだ外出自粛していますが、少しずつ天気も良くなってきて、みんな全体的に気が緩んできている気もします。

2回目のコロナ流行があるのかはまだまだ分からないところですが、しっかりできる対策は引き続きとりつつ、テイクアウトやたまの外食などで周辺経済に貢献しつつ、健康に過ごしたいです。

またいつも行っていたレストランなどが店舗営業再開したら、色々行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください