アメリカ大学院留学準備日記…GMAT受験対策開始!

6月になり、2017年ももう半ば…。

家族揃って一緒に暮らすために、私もアメリカに引っ越してきたのですが、最近はトランプ政権など、移民ビザに関して、ちょっと雲行きがあやしいのです。

本当は、すぐにでも働き始めたいところですが、ビザの問題でそれも難しそう…。

そうなったら、脳みそが鈍らないうちに、大学院進学準備でも進めようかと思い立ったのが6月1日。

一応2018年秋からのクラス(10月のAdmission deadline)目指して、GMAT(MBA進学のために必要なテスト)のスコアやらTOEFL(外国人の英語力を見るテスト)のスコアやら…色々と揃えていこうと思います。

ということで、始めました…まずはGMAT PREP

家族に内緒でGMAT受験準備

最近は脳みそ全然使うこともなくて、鈍っていると思うので、まずはスタート地点に立つために、家にあるGMATのOfficial Guide(かなり古い!)を使って、脳の準備運動をしようと思います。

ちょっと、準備運動してから、模試をしてみて、そこそこの点数が出るようになったら、家族に「大学院に行こうと思うんだけど…」と、言おうかな…。

それでも何の記録もないと、張り合いもないので、このブログで準備経過をご報告できればと思います。

現状…は?

前述ですが、脳みそが鈍りきっています…。

本来ならば、ファーストステップとして、まずは模試をしてみて、今の自分の状況を把握するところから始めるのがベストですが(そして、一番弱いところから重点的に勉強を始める…)、でも今そんな模試なんてしたら、何一つできずに撃沈してしまうのはわかりきっているので、まずは準備運動…。

来週まではGMAT Official Guideをぱらぱら読んでみて、練習問題を解いてみて…来週金曜日に、一度模試を受けてみようかと思います。

GMAT目標スコアの定め方

自分の現段階での実力を知る前なので、なんとでも言えますが、一応目標としている(入りたい大学院)の平均スコアが、現段階のターゲットになります。

ミシガンに住んでいるので、行くとしたらミシガン大学か、ミシガン州立大学になると思いますが、今見てみると

  • ミシガン大学:平均708点
  • ミシガン州立大学:平均670点

700点…超えられるかな…。

一応、向こう数か月は、(ビザの手続き色々を待っている間)時間が早く過ぎてほしいのと、働けないからと言って、数か月間ぼーーーーっと過ごしているのも、かなりもったいないので、真剣に勉学に励みたいと思います。

いざ働ける!となったときに、これ以上脳みそも身体も鈍っていたら悲しいですしね。

まずは、少しずつ脳の準備運動を始めて、早く家族に「大学院受けます!」と宣言できるようになるといいですが…今のところは伏せておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください